*少しづつ作成中です

令和6年能登半島地震


「その時」の前

毎年我が家にはお正月に行うルーティンがあります。

まず妻の実家に新年のあいさつに行き、お節料理も食べ、みんなで写真をとる。

そして僕の実家にもあいさつに行き、ここでもお正月の家族写真を。

 

同じ場所で行うこのルーティンが、今年で最後になると知る余地もなく。みんな笑顔。

この後、重蔵神社に初詣に行きました。おみくじを引き、その内容に家族で談笑。   春に中学校入学の長男、愛士は大吉で喜んでいました。

 

この約1時間後に地震が起きました。私のおみくじに書かれている言葉を地震後に読み返してみると、地震が起きること、そしてその後、どう生きていくと良いのかメッセージが込められているように感じました。

 

「その時」が来るまでは、穏やかでいつもと変わらないお正月が、輪島がありました。

「その時」

「その時」、私は自宅の2階にいました。Facebookに、新年の挨拶、この初詣のことを書き「投稿する」ボタンを押そうとした、その瞬間でした。

揺れは大きかったですが、この時は半年前のGWの「震度5」くらいかなと、恐れはあるもまだ心に余裕がありました。

 

1階でコタツに入ってTVを観ていた妻、長男、2才の次男(娘2人は実家に遊びに)が大丈夫だったか確認に降りました。「大丈夫?結構揺れたね」と会話を交わした後、すぐに妻は市職員のため「私保育所に行ってくる」と職場の保育園に災害対応出勤しました。

 

私は一旦2階に戻り、息子達がいる1階に行こうと階段を降りている、その時でした。

ドドド!!ドン!!横揺れ、縦揺れが合わさった様な強い揺れ、突き上げ。

私は階段から落ちるように、目の前のドアが開いている玄関から外に出ていました。

 

「もう止まる。こんな揺れが続くわけがない・・・」と思った瞬間。

止んだ気がしました。ただ、それは気がしただけで、地獄の時間はそこからでした。